• ホーム
  • 仕手株売り抜けの手口とは

仕手株売り抜けの手口とは

以前までは、株取引等の投資は、お金持ちの資産家がより資産を増やすために行うイメージがあったものです。
ですがネットが普及してネット上で株取引が行える様になって以降は、一般的なサラリーマンやOLといった人達も積極的に株取引を行う様になっています。
そんな株取引で儲けるための基本と言えば、出来るだけ安値で購入した株を、高値が付いた時に売却するといった方法です。
その様に株取引というのは、儲けようとする多くの投資家達が参加して行われています。
そのため株価というのは、上がり下がりが目まぐるしい上に、複雑な値動きをする銘柄も少なくありません。
お陰で株取引の初心者が、直ぐに株の値動きを先読みするというのは、難しかったりします。
更に株価の値動きの予想を困難にする要素として、仕手株の存在も無視出来ません。
そもそも仕手株とは、豊富な資金力を有しているプロの集団が、特定の銘柄を狙って大量購入する等して、株取引が活発に行われている様に演出して、投資家達の注意を惹きつけます。
そうして投資家達が上昇している株価を見て、儲けるチャンスだと考え、多くの投資家達が参加して株価が高騰して行った所で、仕手株を仕掛けたプロ集団達は上手く売り抜けるのです。
その結果、高騰していた株価は今度は暴落を開始してしまうケースが多かったりします。
仕手株とはそんな形でプロ集団が上手く株価を操作する事で、売り抜けを成立させるやり方です。
そのため、早い段階で仕手株だと気付き、プロ集団が売り抜けする金額を先読み出来れば、同じ様に売り抜けで儲けを出す事も出来ます。
ですが売り抜けが遅れると、暴落に巻き込まれる事になるので、リスクは大きいと言えます。
なので株取引初心者の場合は、経営状態が芳しくないにも関わらず、不自然な程に高騰を始めた銘柄を見付けても、仕手株だと疑い、下手に手出しをしない方が良いです。