• ホーム
  • 仕手集団が狙うのは経営状態が芳しくない企業の株

仕手集団が狙うのは経営状態が芳しくない企業の株

以前までは株取引と言えば、金持ちがより資産を増やすために投資するというイメージが強くあったものです。
ですがそのイメージは今や昔の話であり、インターネットが普及して誰でも気軽に株取引が行える様になって以降、サラリーマンやOL、主婦といった普通の人達も、積極的に株取引を行う様になっています。

そしてそんな風に株取引を行う人の多くは、購入した時よりも高値で株式を売却する事で利益を得る事を目論んでいます。
その様に投資家の多くが、儲けようと考えて売買を行うだけに、株の値動きというのは複雑だったりするのです。
なので株取引の初心者は、その値動きについていけず、儲けを出すのが難しかったりします。

そんな中、特に注意すべきなのが仕手株の存在です。
仕手株というのは、豊富な資金力を持つプロ集団が、特定の銘柄に買いを入れたり、売りを入れたりする事により、取引が活発に行われているかの様に装い、一般投資家を誘い込もうとします。
そして一般投資家が、活発に取引されている銘柄を見て、儲けるチャンスだと考え食い付いて来た所で、プロ集団は株を一気に売却して、儲けを出し、株価を暴落させるといった流れです。

そんな仕手株かどうかを判断するのは、その会社の経営状態を見る事で、ある程度見分ける事が出来ます。
特に経営状態が芳しくない企業の株式が、急激に急騰を始めたら怪しいと見て、手出しをしない方が無難です。
というのもプロ集団に豊富な資金力があるとはいえ、派手に取引量を増やして目立つには、ある程度安くなっている銘柄を狙う事になります。
そのため、経営状態が悪くそれなりの安値になっている銘柄が、ターゲットとなるケースが多いです。
なのでそういった銘柄の取引量が、唐突に増えて株価が上昇を始めたら、仕手株の可能性が高いと言えます。
なので株取引の初心者の人は特に、そういった銘柄には手出ししない方が良いです。